小売店との橋渡し役|見せることを意識して販売促進活動を行なうことが大切になる

小売店との橋渡し役

オフィス

売上拡大のキーマン

顧客のニーズをつかんだり、顧客からのクレームをいち早く対応したエリアの現場担当者としてクライアントと密に連携をとるのがラウンダーの役目となります。ラウンダーはメーカーなどでは、小売店を担当し、定期的に訪問し状況を確認したりニーズを引き出したりする役目を担っています。商品の配列などを細かく調整したりすることも仕事になります。いかに小売店に販売数を伸ばしてもらうかを手助けするのが仕事で、小売店とメーカーがともに喜ぶような結果を作り出すことが求められます。数はエリアや会社の規模などによって異なりますが、狭いエリアを担当しより密に接点を持つことが仕事となります。ラウンダーを多く配置するとその分コストはかかりますが、売上貢献度は極めて高いのです。

情報集約の工夫

ラウンダーを配置するだけは簡単ですが、ラウンダーからの意見の集約をどのように行うかがポイントになります。エリアには責任者が配置されますが、口頭や書面だけの報告では真のクライアントニーズを引き出すことはできません。より正確な状況を把握することが必要になるのです。そこで専用のコールセンターを社内に設け、ラウンダーからの情報の集約と質問の手助けを行う部署を利用している会社があります。これは気軽に相談できるホットラインのような窓口です。また訪問状況を一件ごと記録しそれをデータベース化することで全体の戦略も自動的に診えるようになるのです。そのためコールセンターの役割は大きく、ラウンダーへの周知事項などは一斉発信やメール送信などを活用します。